TOP液体窒素蛍の光鏡を作る
新居浜高専生物応用化学科化学屋敷2011

バナナ葉っぱビニールボール 風船空気ピストル
液体酸素ドライアイスシャーペンの芯 電気コイル空気砲

液体窒素

液体窒素

 液体窒素とは、文字通り、窒素が冷やされて液体になったものです。水の場合は、融点が0℃、沸点が100℃だから、0℃以下で固体、100℃以上で気体、その間では液体になります。
 では、窒素はどうでしょうか。窒素は室温では気体ですね。窒素が液体になる温度は「-196℃」です。これを液体窒素温度といいます。ふだん私たちが知らない液体窒素温度では、私たちが暮らしている0〜30℃のときとは違うことがおこります。暑い夏に、冷た〜い液体窒素温度の世界を体験してみましょう。


※液体窒素を使った実験リスト

画像、またはリンクをクリックすると各テーマの詳細な内容が見られます。

【実験1】

実験01

バナナで釘を打ってみよう!

【実験2】

実験02

葉っぱを凍らせるとどうなる?

【実験3】

実験03

ビニールボールを液体窒素につけたあと、床に落としてみよう!

【実験4】

実験04

膨らました風船を液体窒素に入れてみよう! 液体窒素から出すと風船はどうなるだろう?

【実験5】

実験05

空気ピストル!?

【実験6】

実験06

液体酸素をつくって線香を入れると・・・・

【実験7】

実験07

二酸化炭素ガスを冷やすと・・・

【実験8】

実験08

液体窒素につけたシャーペンの芯に電気を通すと・・・

【実験9】

実験9

電気回路の一部を冷やすと・・・・

【実験10】

実験10

空気砲で遊んでみよう!



j1-11 j1-12 j1-13 j1-14


実験1〜3

実験4〜6

実験7〜10

体験学習トップページへ